バブル崩壊後不動産の価格が下落し、今も、一部を除いて、下がり続けています

もう底をついたと言われながらも、今後も大きく上がるような可能性は見えません。

こんな状況の中で不動産の担保で十分な資金融資をというのは無理な話です。

銀行のビジネスローンなども信用融資がほとんどですが、担保がない分融資額は少なくなります。

また企業側で言えば、すでにほとんどの不動産には担保がついていて、新たに出せる担保などは無い状況。

そんななかで新たな資金を調達するのは困難です。
続きを読む≫ 2012/08/29 15:21:29

事業資金のためのローンを組むのはやはり、日本政策金融公庫が一番得なわげてすが

短期に借りるだけという場合は、金利よりも、手軽さスピーディーさが要求されるわけです。

もちろん、公庫にも、つなぎ融資ようの資金融資制度もありますが

やはり普段利用しているメインバンクから事業融資を受けることが一番いいはずです。

ただし、簡単に貸してくれる、審査が早いといっても、あまりノンバンク系から事業資金を借りるべきではありません。

金利が高いからではなく、どんなところから融資を受けているかいうことが、経営上の履歴として審査の対象となるからです。

ノンバンクから事業資金の融資を受けていると、それだけで、マイナス評価になってしまう可能性があり、次の資金を銀行から借りにくくしてしまう可能性があるからです。
続きを読む≫ 2012/08/07 17:08:07