ローンは賢く活用すべし

お金を借りる時に重要なのは、返済する時にどれだけの額を返さなければならないかという点です。

 

ですから、金利と言うものがとても重要になり、できるだけ金利の低い所から借りるのが鉄則です。

 

少額と言えば、クレジットカードのキャッシングよりも、消費者金融よりも、銀行のカードローンを作って借りたほうがいいという結論になります。

 

ただし、もし2〜3ヶ月借りるだけであれば、そうとも言い切れなくなります。

 

たとえば、5万円だけ短期にキャッシングしたいというばあい。

 

金利1%の差は、たったの500円です。もちろん500円だって貴重なお金ですが、もしできるだけ早く現金を借りたいという場合、

 

即日借りられるのと、翌日借りられるのではどちらが、利益でしょう

 

更にもっと切羽詰まっていて、明日では間に合わない!なんてときは、たったの500円をケチる余裕はありませんよね。

お金の借り方と言うのは重要です。どんな時にどのような目的で、どこから借りるか。

それを間違えてしまうと大変な事になります。

大きなお金を借りるるのは、当然長期のローンになりますが、

そういうものは審査もありますし、慎重になりますから、そんなにシュッパイは無いと思いますが

数万円のものを買う時とか、数万円だけ借りたいとかいった場合、

あまり良く考えないで、安易に利用してしまうケースがあるのではないでしょうか

webキャッシング,ネットキャッシング,レディース,給料日前,低金利,審査,無利息,プロミス

30日間も何度手も無利息だから、プロミスの審査は厳しいんじゃないかと思うかもしれません。

しかし、特に厳しいことはなく、キャッシング会社は基本的にどこも信用調査のデータは共有していますし、国の貸金業法もありますから、同じなのです。

ポイントとなるのは次の3つの基準です。

継続的な収入がある。パートやアルバイトでもOK
住所、携帯電話など、すぐに連絡が取れる方法を持っている
年収の3分の1以上の借入残高がない

3場目に関しては、住宅ローンとか自動車ローンとか教育ローンとかは入りません

webキャッシング,ネットキャッシング,レディース,給料日前,低金利,審査,無利息,プロミス

ですからすでに消費者金融から多額に借りているなどなけれど、、ほとんどの人は審査に通るはずです。

どうしても心配だという人は、申込み前に、自動診断もできますので、チェックしてみてください。
名前や住所などは不要です。個人情報は年齢ェックのための生年月日ぐらいです。
以下のたった3つの項目だけ入れて、3秒ほど度診断できます。

生年月日
年収
現在の借入金額

自動診断に問題なかったら、次の点に注意して審査の申込みをしましょう。

長らく続いている低金利ですが、安倍政権で、金融緩和がさらに進み、金利が下がっていると思い込んでいませんか?

確かに短期金利は下がっていますが、実は長期金利は上昇傾向です。

つまり、日本の先々は、不安という市場の見方があるのです。

日銀を政府の意向で動かし、無制限の金融緩和が将来どうなるか・・・

日本の借金はどうなるのか・・・人口減少問題もありますし、先絵の不安を持つ人がいり。

有名なファンドは、日本の国債売り仕掛けを待っているとのこと。

バブル崩壊後不動産の価格が下落し、今も、一部を除いて、下がり続けています

もう底をついたと言われながらも、今後も大きく上がるような可能性は見えません。

こんな状況の中で不動産の担保で十分な資金融資をというのは無理な話です。

銀行のビジネスローンなども信用融資がほとんどですが、担保がない分融資額は少なくなります。

また企業側で言えば、すでにほとんどの不動産には担保がついていて、新たに出せる担保などは無い状況。

そんななかで新たな資金を調達するのは困難です。

事業資金のためのローンを組むのはやはり、日本政策金融公庫が一番得なわげてすが

短期に借りるだけという場合は、金利よりも、手軽さスピーディーさが要求されるわけです。

もちろん、公庫にも、つなぎ融資ようの資金融資制度もありますが

やはり普段利用しているメインバンクから事業融資を受けることが一番いいはずです。

ただし、簡単に貸してくれる、審査が早いといっても、あまりノンバンク系から事業資金を借りるべきではありません。

金利が高いからではなく、どんなところから融資を受けているかいうことが、経営上の履歴として審査の対象となるからです。

ノンバンクから事業資金の融資を受けていると、それだけで、マイナス評価になってしまう可能性があり、次の資金を銀行から借りにくくしてしまう可能性があるからです。

消費者金融が貸金業法と、グレーゾーン金利がブラック金利で違法になってから、過払い請求や、年収の規定にかかって、貸すことができなくなり

かなり売り上げが落ちて厳しい経営になっているようです。

銀行系の大手の消費者金融でもそうですから、闇金融いがいの消費者金融業者は減っていくのではないかと思います。

そこで、子会社の消費者金融の無人店舗の譲渡をうけて、そのまま銀行の名前で、同じ金利の消費者金融商品を始める銀行がでてきました。

意外としられているようで知らない人も多い銀行のカードローンの便利さ。

とくに大手銀行のカードローンは、金利がとても安いです。

5%台からの金利なので、クレジットカードでキャッシングしたり、消費者金融が借りたり、

最近宣伝がうるさい、リボ払いにするより金利が安く借りられる可能性が大きいのです。

銀行のカードローンというと、ついつい審査が厳しいとか、時間がかかるとか、面倒だとか、使い道が限られるとか、間違ったイメージがあります。

しかし、実際は、ネットで申し込みできますし、審査も意外と早いです。

そして一度カードをつくっておけば、いざ必要となったときにキャッシングのように引き出せます。

イーローンというのは、一口で説明すると、ローンを利用する人たちと、金融機関の間に入って、いろいろと商品を比較したり、申込書を手配したり、資料請求を手配したりする間に入っている会社のことです

 

 

イーローンは、インターネットのサイトの上で情報などを提供している、ローン検索機能とかローンを申し込む取次サービスなどのエンドユーザーと金融機関をつないでいる総合的なローンのサイトのことを指しています。

 

 

イーローンというローン商品ががあるというわけでありません。

会社員にはあまりなじみがないのが、商工ローンというものですが、いちおうローンの1つとして、簡単に開設しておきましょう。

 

 

商工ローンというのは小さな自営業や商工業をやっている人に対して貸し付けをするローンのことで、事業ローンとか、ビジネスローンとかいったものと性質は殆ど同じものです。

 

 

ただ、銀行や銀行系のノンバンクのローンとは種類が分けられていて、よくノンバンクの事業資金専門の貸し出しを商工ローンと呼ぶイメージがつよいかもしれません。

 



Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip newsing FC2 ニフティクリップ 
iza Flog Buzzurl